Overview
概 要

「認定栄養ケア・ステーション」は地域住民の皆様が気軽に栄養ケアの支援が受けられる拠点として、平成30年度からスタートした日本栄養士会の認定制度です。「管理栄養士に相談したいけど、どこにいるかわからない。」等の課題に対し、存在を明確にするものでもあります。

弊社では平成30年度第1期の認定栄養ケア・ステーションとしてスタートさせ、併設の訪問看護ステーションと連携を図りながら、健康支援と在宅医療における支援・相談窓口として活動しています。

Image module
シームレスケア認定栄養ケア・ステーション

地域の皆様が抱える「食」や「栄養」に関わる課題やニーズに合わせた様々なサービスを展開いたします。

− Menu −

訪問栄養相談

自宅療養を必要としている方のご自宅に訪問し、栄養相談を実施いたします。必要に応じて訪問看護ステーション、医療機関、介護施設と連携を図り、生活習慣や食環境、病状に合わせたプランをご提案いたします。

調理支援

噛む力や飲み込む力が弱くなった方や食欲不振が続いて栄養が不十分な方に、適した食形態や少量でもエネルギーの摂れる食品、料理のご提案をいたします。また、自炊が苦手な方や自分で食事を用意出来ない方に、調理方法の提案や調理環境のコーディネートをいたします。

研修会・講演会講師派遣

地域の栄養支援活動の一つとして、皆様のご希望のテーマやニーズに合わせたお話をさせていただきます。また、企業様や施設様の社内研修・勉強会等にご活用下さい。

個人向けサービス

生活習慣改善・体質改善を目的とする方に、必要な時にマンツーマンでコンサルテーションできる定額サービスを提供いたします。

ポケット管理栄養士

Seamlesscare  original
Image module

「ポケット管理栄養士」は、在宅療養者向けの栄養ケアとはサービスの目的が異なり、ご自身が望む健康的なカラダ作りをお手伝いする個人向けサービスです。ご来所して頂いての定期カウンセリングや、電話・メール・SNS等による遠隔サポートのほか、エリアによってはご自宅へ訪問したり、ご自宅近くのカフェ等での面談も行っています。

※継続的に支援していくサービスの為、一度きりの栄養相談は行っておりません。
※療養疾患がある方は、医師の治療方針や内服の副作用などに関わる指導は行っておりません。サービスをご希望の方は、お申し込みの際に事前にご相談下さい。

こんな方々がご利用されています。

「体質を改善して健康的な身体を作りたい」

「ジムに通っているけど体重が全然減らない」

「生活習慣病を予防していきたい」

「運動をして体脂肪を落としたいけど足腰が悪いから食生活中心に見直していきたい」

Image module

ご利用されている方は男女限らず30〜70代と、お悩みや目標も様々です。純粋に減量したい、筋肉をつけたい、短期間で結果を出したいと考えている方にはジムやフィットネスクラブに通う事もおすすめしておりますが、カラダと生活の基礎となる『栄養のあり方』を知り、ご自身の体質を理解してからの方が、効率的かつ負担なく目標達成できることを皆様にお伝えしております。

Flow
サービスの流れ
STEP⓪ お申し込み/ご相談
Contact

      まずは下記「お問い合わせフォーム
      よりご連絡ください。

STEP① カウンセリング
Counseling
初回はコミュニケーション(カウンセリング)シートを用いて、現在の食生活やお身体のお悩み、目標について伺います。また、体組成測定機器を用いて筋肉量や体脂肪率などを測定し、プログラムの間接的な数値目安にしていきます。
STEP② 生活習慣診断/目標設定
Set a Goal
カウンセリングの内容や体組成データ分析より問題抽出を行い、無理なく実行可能なプログラムをプランニング致します。
STEP③ プログラム開始
start
栄養素バランスやエネルギー量が普段の生活にマッチしているか、始めは毎食写真を撮影して頂きます。また、活動量を把握する為に、活動量計を装着して頂きます。
STEP④ フォローアップ
Follow up
撮影して頂いた献立内容や活動量計によるデータを基に、その都度食事量・食事時間・食べ方等の改善指導を行います。また、プログラム実行中は、月に1〜2回の面談の他、小さなお悩みや気になることがあった時に、SNSや電話、メールで遠隔サポートを行う体勢を整えています。

0

Price
サービス料金
栄養ケア・ステーション 料金表

「栄養ケア・ステーション」「ポケット管理栄養士」に関するお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム
Staff
スタッフ紹介
Image module

メインアドバイザー[管理栄養士]
髙橋 真人

食べることは人生の中で必要不可欠であるからこそ、最後まで自分らしく生きる為には「カラダの健康」と「食べる楽しみ」を適度に両立しなければいけないです。昨今の日本では、TVや書籍、SNS等メディアで様々な健康情報が発信されています。しかしメディアの多様化が原因で、健康情報の飽和が起き、個人に合った『最善の食生活』がわからなくなってしまっている傾向があります。私は管理栄養士として、その人にとって情報に左右されない「パーソナライズ」された最善の食生活を確立する為に、「何が正解かを導く支援」を行うではなく、きめ細やかに関わっていきながら「問題を探し、提起し、一緒に解決する支援」を行って参ります。